logo

  • ABOUT US
  • ABOUT US
  • STRUCTURE
  • WORKS & PROJECT
  • MAINTENANCE
  • COMPANY PROFILE
  • RENOVATION

特徴:

NAMBU HOME  /  STRUCTURE /  SPECIAL

日本の学校、行政の建物、銀行、ホテル・・・これら建造物がRCで建てられてきたのにはとりわけその耐震強度に優れていた為です。 南部建設は過去より続くこの伝統的なRC工法と同じ手間を惜しまない従来どうりの工法です。

南部建設(従来工法)
壁厚 2,000mm~
※1800mmもコストに合わせてご提案しております
階高 3,000mm~
気密性が向上します
断熱材 吹き付け断熱
ピッチ 910mm

PICK UP

音への配慮は現代の住まいを考える上で重要項目になってきました。
特に都市部では、交通量の多い道路に近い土地での建設や線路沿い、また隣棟間隔が狭い土地での建設といった環境では、暮らしやすい住まいを考える上で、『遮音』は無視できません。
音は隙間や継ぎ目から伝わりますが、一体構造のRC造は優れた遮音性を発揮し、様々な条件下でも力を発揮します。

FRP工法を使用しない南部建設の断熱材はウレタンフォーム吹き付け断熱を使用。気密性に優れ、冬は暖かく、夏は涼しい省エネ住まいを造ります。FRP工法はその工法の為、断熱ボードでしか施工できません。

ダイナミックな美しさが魅力のコンクリート打ち放し。通常910mmピッチで施工される壁もFRP工法では300mmピッチ。見た目が随分異なります。せっかくのコンクリートの美しさが表現できなくなります。

各工程毎のコンクリート打設後に打ち継ぎ部にこのコンクリート改良材をしみ込ませます。ひび割れ箇所(クラック)に浸透し、固まり、クラック箇所からの水分の侵入を防ぎます。手間と時間がかかる工程ではありますが、南部建設では法人用建物同様の作業工程を施していきます。